夜のお店にも色々な種類がありますが、キャバクラとパブはどんな部分が違うのでしょうか?

キャバクラはキャバレーとクラブを合わせた造語であり、海外では通用しない日本独特のお店で接待でも利用されていますよ。

キャバ嬢が隣に座って接客してくれる接待飲食店ですから、お酒や食事を楽しんだり、指名料金を支払えばお気に入りのキャバ嬢を指名してお喋りも楽しめるのです。

一人で遊びに来る客も居れば、集団で来店する団体客もいます。

パブはイギリスで大衆酒場を意味していて、酒を楽しむバーと同じような居酒屋のような雰囲気で、テーブル席のみのお店やカウンターがあるお店などお店によってコンセプトには違いがありますよ。

パブは、女性が客の隣に着かないため指名制度がないのが特徴ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る