キャバクラとキャバレーは名前が似ていますが、実際には大きく違う部分が多くある業種です。
今回はキャバクラとキャバレーの違いをご紹介していきたいと思います。

まずキャバクラとキャバレーの大きな違いですが、これはショーをメインとしているか接客をメインとしているかになります。
キャバレーはお店の中央に大型のステージを構え、そこで女の子たちがダンスなどのショーを行ってお客さんを楽しませるのが基本的なスタイル、つまりショーがメインのスタイルとなります。一方でキャバクラはお客さんの隣に女の子が座ってお酒を作ったり会話を楽しむなどの接客がメインのスタイルとなっております。

キャバレーは女の子全員でお店全体を盛り上げて行くのに対し、キャバクラは個人個人で営業をしていくという感じですね。
そのためキャバクラには普通にある同伴システムなどはキャバレーにはありません。

また女の子の数も大きく違います。キャバレーはショーを華やかに見せるため、1つのお店に100人単位で女の子が在籍していることも珍しくありません。
一方でキャバクラは多くても30人程度、平均すると10人ちょっとのお店が多いです。

特定のお気に入りの子を見つけて会話メインに楽しみたいのならキャバクラ、特定の子と仲良くなるというよりも多くの女性をみて楽しみたいという方はキャバレーが向いていると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る