離婚する場合のローンについて

今回の事例は清水さんの奥さんが清水さん名義で電子レンジを購入したさいに離婚をかんがえているが、商品の決済を行っていない場合の事例です。
もう1つのポイントとしては購入に関して清水さんは奥さんからいとことも相談を受けていないという天です。

こういった事例は代理行為といい代理行為を行うためにはその人から代理権を与えられていることが重要です。代理権がないのに勝手に代理人として商品を購入した際には基本的には無効となる条件となっています。

夫婦間では日常の家事の関して相互に代理権を認めるとともに連帯責任を負わせるとしています。今回の電子レンジは家事の中に入るかということですが、電子レンジの20万円はそこまでの高額ではないと判断され清水さんに支払いの義務が負わされてしまう可能性が高いといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る