セックスレスは離婚理由になる?

夫婦の夜の営みが無くなってからかなり時間が経つ・・・、そういう夫婦も少なくないと思います。
お互いがその今の状況に納得出来ているのなら問題ありませんが、片方がセックスレスの状況に納得いかない場合、セックスレスを理由に離婚することが可能です。

日本の民法や裁判では夫婦間のセックスを夫婦関係を円滑にするために重要なものとみなしています。
パートナーがセックスを求めてきた場合、正当な理由がないのに拒否し続けていると離婚に発展するケースは珍しくありません。

妻が拒むケースで多いのが、そもそもそんなにセックスが好きではないパターンが挙げられます。
そういうタイプの女性はセックスをあくまで生殖行為として考えている場合が多く、子どもが出来る前は子ども欲しさに頑張って応じたものの、子どもが出来てからは興味が無くなるそうです。
もちろんこの逆で、夫が妻に対してセックスを求めなくなるパターンもあります。
このパターンの場合で多いのが、夫が妻を女性としてみれなくなるという心理で、特に子どもが出来て「妻」から「お母さん」という意識の方が強くなるとセックスをする気持ちが起こらなくなります。

セックスレスが離婚の原因になりうる法的根拠は、民法第770条の「裁判上の離婚」で定められています。
これは夫婦間で離婚をする・しないで揉めた場合に、裁判所に訴えられる理由を定めた内容で、離婚調停・訴訟では、「裁判上の離婚」により、セックスレスは夫婦としての義務を果たしていないと判断するのです。

セックスレスは夫婦間のデリケートな問題ですが、お互いに冷静になって解決の為に問題を話し合うということもとても大切なことです。
セックスレスということ以外に離婚するまでの理由が無いというのなら、一度しっかりパートナーと話し合ってから判断することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る