債務整理は弁護士か司法書士か?

弁護士と司法書士の債務整理業務に関する境界について争われた訴訟によって最高裁判決としては司法書士が弁護士の変わりに担当することができる金額の範囲は貸し手(貸金業者など)が依頼者に返済を求める個別の債権額が140万円以下という判断を示しました。

和歌山県の多重債務者らが依頼した司法書士が債務を可能としている範囲を超えていたのに対し、違法な非弁行為を行ったとして報酬の変換や損害賠償を請求しました。司法書士が定めている助言である140万円を超えない額の解釈が争点となりました。

この装填によって賃金業者からの請求額が140万円を超えている場合には司法書士に依頼することができなくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る