配偶者が多数債務に陥っている場合、他方も肩代わりしなければいけないのでしょうか?
例えば妻が消費者金融から多数の借金をしていたら、夫もその借金を返さなければならないのでしょうか。

答えは「NO」で、連帯保証人になっていない限り、高額な買い物やギャンブルなどの浪費で個人が作った借金については、他方が肩代わりする義務は発生しません。
つまり、専業主婦で使えるお金が限られているのにも関わらず、高額な買い物を頻繁にしたりギャンブルなどをして浪費するために借金をしたというのなら、夫が借金を支払う義務は無いのです。

しかし、妻が生活費にあてるために借金をした、つまり夫婦の生活に使うために借金をしたという場合には、夫婦の連帯責任が認められ、夫にも肩代わりをする必要が出てきます。
ただ、これは夫がその事実を知っていたかどうかも大きく関わっていて、実際の裁判例では妻が生活の為に隠れてした借金について、夫婦の連帯責任が認められなかったということもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る