浮気相手に全額請求できる

不倫をされた際の慰謝料請求はパートナーに対しても請求をすることができ、また浮気相手にもすることができますし、両者に半分ずつ慰謝料を請求することもできます。

これは慰謝料請求を500万円請求するとしますと、浮気相手のほうが許せないと思ったので浮気相手に全額洗ってもらうということが出来るようになっています。
一方で浮気相手が浮気はパートナーと2人でやったものだから自分は半分の金額しか払わないと言った主張もすることが出来ません。

不貞行為は証明をすることは難しいですが、証明を出来たとしますと、被害者に非常に有利なように法律はできています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る