慰謝料が認められない事案

不倫が発覚した際には通常では慰謝料が発生するものと思われますが、中には慰謝料が発生しないという事案もあるようです。不倫の慰謝料というのは本来は損害賠償請求といいます。

損害賠償請求は民法第709条は故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害したものはこれによって生じた損害を賠償する責任を負うとあります。

不倫をしたとしても不法行為による損害賠償がされていないと判断されれば、損害賠償請求はできないとされています。
弁護士や裁判所はどのような権利があるのかということになりますが、これには最高裁の判例があり、妻には婚姻共同生活の平和の維持という権利や法的保護に値する利益をもっているとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る