子どものいない夫婦の相続問題を解決しよう

夫婦間でのトラブルというものは様々なことがありますが、特に子どものいない夫婦の相続は揉めやすいとされていますので、ぜひ対策を知っておきましょう。

通常、夫婦のどちらかが亡くなれば、その配偶者が相続することになっていますが、配偶者以外だと亡くなられた方の両親や兄弟姉妹や、配偶者の兄弟姉妹も相続順位があるのです。

例えば、多くの資産を持っている場合に揉め事が考えられ、配偶者に法定相続分が相続されるのですが、その配偶者も亡くなってしまった場合には、財産は配偶者の兄弟姉妹へと渡るのです。

法律的に権利が無くとも、納得できないために揉めるケースが多いですから、夫婦で相続について話し合い、親族のためにも対策しておくことが大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る